おめでとうございます

2017-01-06| テーマ 日々のつれづれ, 豆の樹ブログ |

2017年、始まりました。今年もよろしくお願いいたします。

あゆちゃんも元気いっぱいで、年越しそば、お雑煮、おせちを食べて元気にスタートしました。
今年も2脚で楽しくゆるゆるいこうね。よろしく。

今年も終わり

2016-12-20| テーマ 日々のつれづれ, 豆の樹ブログ |

ブログ、長い間休みました。パソコンは目が疲れます。

先日高崎のワンニャン保護施設にカンパをしました。小さな命がつながりますように、と祈りを込めてささやかですが、、、またまたいい人やっちゃいました。カンパをお願いします。
自分さえよければの風潮、あまりにも殺伐としています。弱気をくじき強気を助ける世の中、この先どうなるんでしょうか、心配になります。
来年こそは穏やかで平和な一年でありますように。

感心する

2016-08-18| テーマ 日々のつれづれ |

今時オリンピックははやらない。面白くないので仕方なしに「放送大学」を見ることに、、。そしたら何~んか賢くなったような気分。「へー、世の中にこんな難しいことを理解する人がいるんだー」と感心する。

超最悪な夏!あまのじゃく全開

2016-08-10| テーマ 日々のつれづれ |

このクソ暑いのに、朝から暇人がワーワー、キャーキャー、キンだ、どうだ文句あっか、とうるさいっ!
他にやることないのか。こんなくっだらないことで夏休みがつぶれるの、断じて許せない!好きな人が好きな時に、勝手に飛んだり跳ねたり、抱き合ったりしていればいいじゃん。どうぞお好きやってください。
ただぁー興味のないひとを巻き込むな!とひとこと申し上げたい。以上

あっ、やっちゃった!

2016-07-05| テーマ 日々のつれづれ |

オリンピック壮行会で、森元総理「国家を歌わない選手代表はけしからん」と壇上で怒っちゃった。あのひと独唱と斉唱の区別つかなかったんじゃない。だれか教えてやれ。恥ずかしーい。私も一学期の中間で点数が取りやすいので出した記憶がある。因みにサイショウじゃない、セ・イ・ショ・ウ。
森クン、放課後残って音楽の勉強イチからやりなおーし!

晋ちゃん、負けんなー

2016-06-22| テーマ 日々のつれづれ |

党首討論を見た。まともな議論は無理。安倍さんの「トリモロス、とりこぼす」は聞いていても気の毒になる。一杯ひっかけて出ているんだろう、と思ってしまう。いつものことだが目は泳ぐ、支離滅裂、矢でも鉄砲でも持ってこいの勢い。壊れちゃったのかな。
私だったら「こんな総理とはまともにやってらんねー」とケツを捲る。途中で見るのやめた、時間の無駄。

策士策に溺れる

2016-06-21| テーマ 日々のつれづれ |

スーパーに買い物に行く。
夕方仕事帰りの主婦たちの会話「あの知事絶対許せない!私たち1円2円の節約で苦労しているのにね!」などなど巷では怒りまくっている。自公さん、気いつけな。
私だってお腹いっぱい回転寿司たべたーい、できれば回らない寿司。竜宮城にも行ってみたーい。
それをいとも簡単に堂々とやってのけ、逃げ切るとは、あっぱれ、あっぱれ!あの図抜けた能力を良いことに発揮出来なかったものか。宝の持ち腐れとはこのことだ。
あーあ晩節を汚さず生きるというのは本当に難しい。

あぁーそうだったのか

2016-06-17| テーマ 日々のつれづれ |

まあー-何ということでしょう。あんなに連日大騒ぎしたマスコミはどうしちゃったんでしょう。次の都知事だとさ。
そりゃ行政の長が空席というのはまずいでしょう。でもそれはそれ。わたし声を大にして叫びたい。疑惑どうなったんだ!ふざけろ!

そこで本題。20代前半に確か書道2段だった。はず、あの時中国服を着て書いていれば今頃「市販」よ。何事も「道」と付くものは形から入るのだ、と「m知事」さんに教えられた。かわいい中国服が見つかったらまた書道を始めようーーっと。

 

ブログ再開

2016-05-25| テーマ 日々のつれづれ |

ブログを再開します。操作が変わったため書けませんでした。
2月あゆの散歩で千円拾いました。交番へ届けたところ、3か月経過して「落とし主不明」であゆのものになりました。そのお金は「群馬ワンニャン保護施設」に寄付をしました。どの子もみんなやさしい家族にめぐりあえますように。

失恋

2015-12-08| テーマ 日々のつれづれ, 豆の樹ブログ |

息子の遠距離恋愛が終わった。
連絡を密にするよう再三忠告したが、大学院は思った以上に厳しく、授業についていくのが精いっぱいだったらしい。
あんなにも美人でかわいくて健気な女性はいない。私もショックで当分立ち直れそうにない。
息子曰く「卒業まで待っていてほしいと言いたかった。でも無責任なことは言えなかった」と、それは一理ある。が女性は「卒業と同時に即結婚しよう」といってほしいのよ。二人一緒ならあとはどうにでもなる。
「石橋をたたいて渡る」というけど、叩きすぎて壊れたら渡れなくなる。私なら渡ってから叩く。
冒険を恐れないで、若いんだから。一度や二度失敗したっていいじゃない。元気なら何回でもやり直しがきく。その先にはまた新しい景色が見えてくるもんだ。


Copyright(C)2012-2018 MAMENOKI, All Rights Reserved. Photo by Ken Hirayama