ブログ再開

2016-05-25| テーマ 日々のつれづれ |

ブログを再開します。操作が変わったため書けませんでした。
2月あゆの散歩で千円拾いました。交番へ届けたところ、3か月経過して「落とし主不明」であゆのものになりました。そのお金は「群馬ワンニャン保護施設」に寄付をしました。どの子もみんなやさしい家族にめぐりあえますように。

焙煎について

2016-05-13| テーマ 珈琲のこと, 豆の樹ブログ |

焙煎は誰にでも簡単にできます。
焙煎を教えている人、コーヒーコーディネーターなどが、よく口にする言葉です。
確かに、大げさな焙煎機がなくてもフライパンや手網があれば、家庭でもできることです。
プロが使う焙煎機でも取り扱い説明がされれば、焙煎はすぐにでもできます。
そして、そういう人たちの指導もここまでです。
現に、そういう指導を受けたわたしも、この商売を始める前手網をガステーブルの上で振りながら15分くらいかけて焙煎していました。
自分で手間暇かけて作ったコーヒーの味は格別でした。
味をしめた私は、1キログラム焙煎機を購入して焙煎を始めました。
でも、商品としてのコーヒー、売るためのコーヒーを焙煎することは、ここからが始まりでした。
私も、7~8年の歳月を経てこのような文章を書けるようになりました。
焙煎したコーヒーの味を1回ごとに確認することから初めて、浅煎り、中煎り、中深煎り、深煎りの4種類の焙煎度合の味、香りの大まかな特徴を自分の舌に刻み込みました。
産地や銘柄に関係なくどんなコーヒーでも、この4種類の焙煎度合にすると、味や香りに共通するものがあります。
さらに、同じ焙煎度合にした別の豆どうしを比べてみると、異なる特徴も見えてきます。
こうなると、1種類の豆の味や香りをいつも同じくするための焙煎ということが、必要になり、これこそが商品としてのコーヒー焙煎の核心となります。

ゴールデンウィークの営業について

2016-04-21| テーマ 店舗情報, 豆の樹ブログ |

暦どうりの営業となります。
4月30日と5月2日は営業、
5月6日以降は通常営業となります。
また、4月25日は臨時休業させていただきます。
連休中は、焙煎を休ませていただきます。

ハンドピックと欠点豆

2016-03-26| テーマ 珈琲のこと, 豆の樹ブログ |

コーヒーの生豆には、欠点と呼んでいる異物や豆が混じっています。
異物には、木片、他の植物の種、石、糸くず、ガラス片、金属片などです。
欠点豆には、発酵豆、虫食い豆、未成熟豆、パーチメント(コーヒー豆を覆っている殻)、コッコ(コーヒーの実を乾燥させたもの)、カビ豆などがあります。
これらを取り除く作業をハンドピックといいます。
生豆のときと焙煎した後におこないます。
欠点豆のなかで、虫食い豆は、出来上がったコーヒー液を濁らせますし、発酵豆や未成熟豆は、コーヒーの味を、一口飲んだだけでも吐き出したくなるほど不味くさせます。
パーチメントやコッコは、正常豆と一緒に焙煎すると、焙煎度合が変わってしまいます。
カビ豆には、日本には無いカビ菌が付着していますが、焙煎すると死滅してしまうので、衛生上の問題はありません、ただ、カビ菌の出すカビ毒は、厄介なもので、発がん性があり、焙煎しても消滅しませんし、ハンドピックの際、見分けづらい豆でもあります。
これらを考えれば、ハンドピックの重要性は、一目瞭然ですが、スペシャルティコーヒー豆を導入すれば、ハンドピックをする必要は無いとおっしゃる方もいらっしゃいます。当店も一部使っていますが、量的な差はありますが、ハンドピックをしなくてすむ豆は皆無です。

ゲイシャを正月用に限定販売いたします。

2015-12-11| テーマ 珈琲のこと, 豆の樹ブログ |

例年、好評をいただいているドン・パチ農園の
ゲイシャ(W)を12月14日から販売いたします。
昨年と同じ100グラム2400円となります。

年末年始の営業について

2015-12-11| テーマ 店舗情報, 豆の樹ブログ |

年末は  12月29日まで
年始は    1月6日からです。
年末の商品は、無くなり次第終了となりますので、
ご入用の方は25日までにご予約ください。

失恋

2015-12-08| テーマ 日々のつれづれ, 豆の樹ブログ |

息子の遠距離恋愛が終わった。
連絡を密にするよう再三忠告したが、大学院は思った以上に厳しく、授業についていくのが精いっぱいだったらしい。
あんなにも美人でかわいくて健気な女性はいない。私もショックで当分立ち直れそうにない。
息子曰く「卒業まで待っていてほしいと言いたかった。でも無責任なことは言えなかった」と、それは一理ある。が女性は「卒業と同時に即結婚しよう」といってほしいのよ。二人一緒ならあとはどうにでもなる。
「石橋をたたいて渡る」というけど、叩きすぎて壊れたら渡れなくなる。私なら渡ってから叩く。
冒険を恐れないで、若いんだから。一度や二度失敗したっていいじゃない。元気なら何回でもやり直しがきく。その先にはまた新しい景色が見えてくるもんだ。

あゆの近況・ただいまダイエット中

2015-11-27| テーマ 日々のつれづれ, 豆の樹ブログ |

10月末で一年が経ちました。
一日中食っちゃ寝。暇になると障子の桟やマットを噛んだり、こっちが頼んでもいないことをゴソゴソしています。 初めて 我が家に来たときは柴犬っぽかったけど、今は体形がコロリンとしてきました。だから今ダイエット中です。

カルメヤキとコーヒー

2015-10-21| テーマ 珈琲のこと, 豆の樹ブログ |

皆さんは、カルメヤキってご存知ですか?
私が子供の頃、近所の神社で縁日というと、必ずカルメヤキの屋台がありました。
砂糖水を、おたまに入れ直接火にかけて色づいたら重曹を箸に付けてかき回すと膨らんで固まります。
それがカルメヤキです。
重曹を入れずにそのまま火にかけていると、こげ茶色になって、プリンの上に乗っているキャラメルソースになり、
最後は炭になってしまいます。
この過程は、コーヒーの焙煎に似ています。
緑色の生豆を焙煎機に投入すると、最初の数分で白っぽくなって、その後肌色に色づいてきます。
徐々に茶色が濃くなり、こげ茶色が深くなってくると表面に油が浮きだし黒光りしてきます。
焙煎の用語で言うと、ライト・シナモン・ミデアム・ハイ・シティ・フルシティ・フレンチ・イタリアンという
段階を経て最後は炭になります。
この8段階のそれぞれで豆を取り出して、味や香りを確認してみると、1種類の豆とは思えないほど違いがあることがわかります。つまり、コーヒーは焙煎度合で、味や香りが変化するものなのです。
コーヒーを選ぶ時、銘柄で選ぶ人がいらっしゃいますが、それはあまり意味のない選び方だと思います。
焙煎度合にこだわって選んでいただきたいものです。

2ヶ月ぶりにブログ

2015-09-16| テーマ 日々のつれづれ, 豆の樹ブログ |

長々休みました。夏が大の苦手な私は息をするのがやっと、やれやれ何とか生き延びた。
そうこうしているうちに、おバカな連中は今日にも安保法案を通すようだ。
この暑い夏、「法案通すな、憲法守れ!」の声、みなさん頑張っていただいてます、感謝。私もはやる気持ちがあっても、あの大きなエネルギーの中に飛び込むのは体力的に無理。あと10年若かったらなぁと、歯噛みする思いです。でもこのままいったら、あの政治屋さんたち「今にバチが当たる」


Copyright(C)2012-2019 MAMENOKI, All Rights Reserved. Photo by Ken Hirayama