熱帯夜は古典落語を

2012-08-27| テーマ 日々のつれづれ, 豆の樹ブログ |

猛暑が続いています。さすがに活字はしんどい。というわけで、毎年今の時期は落語のCDを聞くことにしています。今年は円生の「百川」にはまっています。粋でいなせな若い衆の啖呵と、それぞれの登場人物とのやりとりは絶妙です。飄々として色気のある円生ならではの演目です。寝苦しい夜におすすめです。

Copyright(C)2012-2019 MAMENOKI, All Rights Reserved. Photo by Ken Hirayama