新入社員、ボロ雑巾くんへ

2013-07-02| テーマ 日々のつれづれ, 豆の樹ブログ |

日々本が溜まる。いわゆる積読。すべて読み切れば周りはすっきりするのだが、あっちに一冊、こっちに二冊と少し読むと次となる。同時進行が10冊程になる。固焼きせんべいからウエハースのような柔らかいものまで様々。
今日書店で見つけて息子用に買ってきた。萩本欣一著「ダメな時ほど運はたまる」昼休み一気に読んだ。
毎日「アー疲れたー」と言いながらボロ雑巾のごとくヨロヨロと帰宅する。「誰も行きたがらない最悪の営業所に回された、オレはツイてないー」と嘆く。聞かせられるこっちもグッタリ。
この本の中身は「人生悪いことばかりではないよ」と著者自身のことを例にあげて書かれている。自分を振り返ってみれば思い当たる箇所が多々ある。「ツキがない時は将来への貯金」と思って明日から心を入れ替え励むべし。
この本、ボロ雑巾くんに進呈。

Copyright(C)2012-2019 MAMENOKI, All Rights Reserved. Photo by Ken Hirayama