教育と体罰(暴力)

2013-01-09| テーマ 日々のつれづれ, 豆の樹ブログ |

大阪市立高校のバスケ部の主将をしていた生徒が命をたった。このあいだまで生徒間のいじめが大問題になり、大きな取組として世の中が動きはじめてきたばかりなのに何ということか。ニュース、新聞報道だけでは詳細はわからないが、バスケ部の顧問による体罰が常態化していたという。強豪バスケ部であったというが、優勝以外は認めない雰囲気があったかもしれない。周囲も体罰を黙認してはいなかったか。とかく学校現場は「声の大きな先生」「ガタイのある先生」「名を遂げた先生」などが幅を利かす。不平等でなんでもありの世界である。このようなことは地域のこども野球チームなどでも起こりうることである。
未熟なひとほど暴力にうったえる。愛情も信頼もないところには何も育たない。
 

Copyright(C)2012-2019 MAMENOKI, All Rights Reserved. Photo by Ken Hirayama