憂鬱な新学期?

2014-04-22| テーマ 日々のつれづれ, 豆の樹ブログ |

今日のネット情報に、憂鬱な学校の役員決めが載っていた。新学期初日に必ず召集されて委員の選出がある。親業の現役時代を思いだした。常日頃PTA集団は変だと思っていた私は、誰もが敬遠する「成人文化」の部長を引き受けた。つまり親の親睦会をセッティングする委員。笑わせるな!さっそく改革をしてやるーって代表委員会に乗り込んだ。発言もバンバン。それまでは発言する保護者はいなかったとかで、「代表委員会が活発になってよかったです」と、のちに校長さんに言われた。その後PTAをスリム化してやり手が増えた。が、そのあとがいけない。おだてに載って卒業までやることとなった。その他統合反対と旗振りも引き受け、行政、学校、保護者を二分して争った。その時サポートしてくれた保護者とは公私共に今でも交流がある。もし許される環境であれば、委員は引き受けることをオススメする。

Copyright(C)2012-2019 MAMENOKI, All Rights Reserved. Photo by Ken Hirayama