妙高へ・親しき人と永久別れ

2013-06-06| テーマ 日々のつれづれ, 豆の樹ブログ |

ひと月程前、皆でお墓参りを兼ね温泉に出かけたのに、突然の訃報。
寡黙ではあったが彼の温かい人柄と心配りが、地域の方々の支えになっていたという。73才、孫の成長と畑仕事を何よりの楽しみとしていた。あまりにも早い死で心が塞ぐ。「ご冥福を」のことばが何と虚しく響くことか。

Copyright(C)2012-2019 MAMENOKI, All Rights Reserved. Photo by Ken Hirayama